利息計算シュミレーション

ここでは、利息計算シュミレーション に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■当サイトでは銀行系キャッシング・ローンをはじめ女性・学生・事業者・自営業者・主婦の方も申込み可能な安心キャッシング・安心ローンを比較出来るキャッシング・ローンの総合比較サイトです。分かりにくい専門用語については用語集を辞書感覚でご使用ください。

キャッシング会社を選ぶときに金利のチェックは必須です。

ただ、計算方法を知らない方が意外と多いようです。

少々、難しく感じるかも知れませんが、できるだけ簡単にご説明したいと思います。

年利20%の場合、単純に考えれば1年間借りて途中返済しない場合の利息は元金の20%です。

30万円借りた場合: 30万円×20% = 6万円(1年間の利息)となります。

通常1年間返済しないということはありませんので、日割り利息を計算することになります。

利息の計算方法といってもたくさんの方法がありますが、ここでは一般的な方法を紹介します。
(各返済方法の名前そのものが普段聞きなれないものなので、詳しくは用語集のページをご覧ください)

実質年利20%で30万円を借りて、一ヵ月後から毎月3万円を定額で返済するケースを想定してみましょう。 (毎月定額返済ということなので、利息は3万円に含まれるケースです)

①30万円借りた場合の1ヵ月後の利息
30万円×20% ÷365(日)×30(日)=4,932円(30日分の利息です)

②元金返済分
3万円(返済額)-4,932円(上記の30日分の利息)=25,078円(元金返済)

つまり、最初の月の支払い3万円のうち、25,078円が元金返済で、残りが利息返済ということになります。

次の返済のときは残額を基準に同様の計算をします。

借入残高:30万円-25,078円=274,922円

①274,922円の1ヵ月の利息
274,922×20%÷365(日)×30(日)=4,519円(30日分の利息です)

②元金返済分
3万円(返済額)-4,519(30日分の利息)=25,481円(元金返済)
ということで、3万円の支払いのうち、25,481円が元金返済で、残りが利息返済となります。

このように、返済が進むにつれて返済総額に占める元金部分の割合が増えていきます。

この方式を元利均等返済といいます。

これ以外にも、毎月きまった元金プラス利息分を返済する元金均等返済の方法も一般的です。

例えば、毎月元金1万円と日割りの利息の合計額を毎月支払うというようなケースです。
この場合は支払額は毎月変わります。

中には、利息分だけ返済をすれば元金はいくら返済しても自由というような方法もあります。

利息の計算方法はとても重要ですので、各会社にキャッシングの申込みをする時によく確認してください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。