fc2ブログ

ここでは、 に関する情報を紹介しています。


銀行とのつきあい方研究会では、「だれでも分かる!銀行融資で悩まないための最強マニュアル」を、中小企業の経営者、経理・財務等の銀行担当者向けに、提供しております。

「最強マニュアル」をご購入いただいた方から届いたメールを、ご本人の許可を得た上で、またプライバシーの関係上一部を変更して、掲載させていただいたものです。

このメール文を読んでいただくことが、一番「最強マニュアル」の良さをお伝えすることができると思いましたので、掲載しました。

詳細はこちらから↓ ↓

だれでも分かる!銀行融資で悩まないための最強マニュアル


インターネットで副収入を得る情報
情報起業・アフィリエイト・ブログ・投資で稼ぐための
ノウハウが満載!


キャッシングの基礎知識・用語集


私はタイトルにも書いていますように倒産社長です。

27歳の時に夢を抱いて独立し約15年で、年商18億ほどの会社に成長させることができました。

しかし残念ながら44歳の男の厄年の夏に力つきて、負債8億で会社を倒産させるという最悪の結果を招きました・・

ここでは、耳あたりのいい話をする気はありません。

また本屋さんに並んでいるような経理士、税理士または、銀行出身者の方々が出版しているようなハウツーを語る気もありませんし書けません。

本音の話と実務の話と現実の体験談を中心に書いた実務書に仕上がっています。

私は倒産前には非常に多く本を買い求め、必死で解決策を探し求めました。

また、セミナーやコンサルタントの先生方にも勉強させていただきました。

しかし、全く役にたたないと言えば大変失礼ですが、建前論が多く本音に答えてくれる事は、余りなかったように思います。

私は資金問題の解決又は改善するためには、公的資金を上手に使う事がいかに重大で大切な事」なのかを実例を交えて解りやすく書いています。

社長の一番のツライ悩みは資金問題ではないでしょうか。

その資金の悩みから開放される秘策が、公的資金を上手に使い切り自社のメイン銀行としての位置付けにするという考え方と方法です。

詳細はこちらから↓ ↓

誰も教えてくれななかった公的資金の上手な借り方の極意


インターネットで副収入を得る情報
情報起業・アフィリエイト・ブログ・投資で稼ぐための
ノウハウが満載!


キャッシングの基礎知識・用語集


~12日で29万円稼げる海外オートマネー検証体験談~

みなさんは、オートマネーサイトをご存知でしょうか?

オートマネーサイトはアメリカに多数ありますが、ここではあるオートマネーサイトを例に徹底検証され解説されています。

まず、オートマネーサイトに登録するとメンバーページに入る事ができます。

そして投資をするのですが、投資額はお好きな額でできます。
投資額は最小$6(約700円)から始められます。

投資が完了しましたら、「Start Surf」というボタンを押します。

すると25秒間海外のHPが表示されます。
25秒経てばまた違うHPが表示されます。

これを続けて行って一日12個のHPを見れば一日の仕事はお終りです。
これを12日間同じ事を繰り返すと、投資した金額の約150%が報酬として口座に振り込まれます。

たったこれだけでこんなに高額な報酬が発生するのです。

この検証されたオートマネーサイトでは最高12日間で$2640稼ぐことが可能です$1=110円として計算すれば約29万円になります。

ただHPを見るだけでよいのです。

しかし、最初からこのような高額報酬が貰える訳ではありませんが、海外HPを毎日見ることによってその$が一定の基準で増えていきます。

初回は少しの報酬を得て、その報酬を使ってまた投資してといった感じで増やしていき、最終的には12日間で約29万円の収入になると言う物です。

「そんな大金じゃなくても毎月 5万円儲かれば十分だよ!」。
という人もいらっしゃると思いますが、オートマネーの理論で言えばそんな額はすぐに稼げるようになります。

しかしここで大きな疑問にぶつかったのです。。

○なぜオートマネーサイトはこんな大金を私たちに還元できるのか?
○どういった基準で投資した額が増えるのか?
○投資したお金が消えて、儲けが無いという状況はあるのかないのか?
○本当に詐欺じゃないのか?

検証の結果、オートマネーサイトは我々ではほぼ実現不可能なある○○の方法によってお金を運用し、倍増させるノウハウを持っていたのです。

これを会員に還元し、オートマネーサイトも多額の利益を手にしていたのです・・・

さらに詳しい検証内容を見る方は↓ ↓ ↓ ↓ ↓。

12日間で29万円稼ぐ投資法!海外オートマネーを徹底検証!!


インターネットで副収入を得る情報
情報起業・アフィリエイト・ブログ・投資で稼ぐための
ノウハウが満載!
■当サイトでは銀行系キャッシング・ローンをはじめ女性・学生・事業者・自営業者・主婦の方も申込み可能な安心キャッシング・安心ローンを比較出来るキャッシング・ローンの総合比較サイトです。分かりにくい専門用語については用語集を辞書感覚でご使用ください。

キャッシングとは

一般的な銀行での融資とは違い、基本的に無担保で利用者の確認と信用情報に応じてスピーディな貸付を行なう融資をキャッシングと呼びます。

利息は利用日数により計算され、借入から返済までの利用期間が短ければ利息も少なくて済むという仕組みになっています。

基本的にカード発行の手数料やカードの年会費は必要ありません。

また、通常店頭で行われるキャッシングの申し込みや契約をインターネットサイトから行えるサービスをインターネットキャッシング、ウェブキャッシング、オンラインキャッシングなどといいます。

自宅などにあるパソコンから申込みが可能なので、誰とも顔を合わせずに手続きをする事が出来るというメリットがあります。

審査は通常の店頭申し込みと変わりはありません。


キャッシングの審査について

審査基準は運営会社により異なりますが、基本的には、満20歳以上の安定した収入がある人ならほとんどの人が利用可能です。

正社員に限らず、パートタイマー、アルバイト、派遣社員や、自営業、自由業でもほとんどのサービスで申込み可能です。

専業主婦の場合でも、本人に収入が無くても配偶者に安定した収入があれば申込み可能な場合もあります。

また、年金生活者でも申込みできる会社もあります。


キャッシング申し込みの流れ・借り方

インターネットでのキャッシング申込みの一般的な流れは下記のようになります。

1.各社のホームページで入会条件や利用規約、商品、サービスの内容を確認します。

2.申込みフォームに必要事項を入力し、情報を送信します。

3.申込み当日か翌日に、本人の意思確認審査の可否がメールもしくは電話で連絡されます。即日振り込み融資を実施している場合はこの時点で指定の口座にお金が振込まれます。

4.後日、契約書類が郵送されます。必要事項を記入して返送します。

5.契約書類返送後、2~3日程度で契約書控えや会員カードが送付されます。会員カードはCD/ATMで利用できます。

※上記は一般的な流れですから、実際のお申込みの際は、各社のホームページでご確認下さい。


キャッシング返済方法の種類

返済方法には、主に以下のような方法があります。

・ATMから入金(各社ATM/提携ATM)
・指定された銀行口座へ振込み
・口座振替
・各社店頭窓口で支払い
・コンビニエンスストアのレジから返済
・現金書留による送金

ATMからの返済が手軽で便利なのでニーズは高いですが、金融会社によって返済方法が限られていることもあります。


キャッシングにおける保証人や担保について

キャッシングを利用する際には、原則的に担保・保証人の必要はありません。

ただし、利率の低い目的別ローンなど、キャッシングの種類や融資額、プランの違いによっては保証人や担保を求められる場合もあります。


キャッシング各社の系統について

キャッシングは運営母体により下記のように大別できます。

1.銀行系  2.信販系  3.消費者金融系

ここでは、銀行系・信販系・消費者金融系を利用した場合のそれぞれのメリットとデメリットについて比較していきます。

1.銀行系
【メリット 】 他の金融機関に比べて、金利が安い場合が多いです。

【デメリット】 融資までの時間が長かったり、銀行への訪問や提出必要書類など、利便性が良いとは言い難いですが、最近はインターネットで手続きが出来るサービスも登場しています。

2・信販系
【メリット 】 既にカードを所持していれば、新たな申込み手続きは不要です。クレジットカード自体の機能としてショッピングやポイントサービス等、 サービスも充実しており、利便性に優れています。

【デメリット】 銀行に比べると高金利の場合が多いです。ご利用の際には実質年率をご確認ください。

3.消費者金融系
【メリット 】 利息の計算が日割り計算のため、短期間での返済が可能な場合は、消費者金融でのキャッシングのほうが金利が少なく済む場合もあります。

【デメリット】 最近では大手銀行系の会社も多く、テレビCM等でお馴染みの会社も多くありますが、やはり銀行融資に比べると高金利です。
■当サイトでは銀行系キャッシング・ローンをはじめ女性・学生・事業者・自営業者・主婦の方も申込み可能な安心キャッシング・安心ローンを比較出来るキャッシング・ローンの総合比較サイトです。分かりにくい専門用語については用語集を辞書感覚でご使用ください。

一般的に利用されている返済方法です。

アドオン返済

支払総額(元金+利息)を返済回数で割って、毎回の返済額をあらかじめ決める返済方式。
「元金均等方式」や「元利均等方式」と違い当初の金額を元に利息計算される為、利息負担が割高になります。

約定返済

契約時点で「毎月いくら返済する」というように取り決められている返済予定のこと。

元金均等方式(がんきんきんとうほうしき)

借り入れ元金を返済回数で割った金額に、毎月の利息を加えた額を返済する方式。
利息は元金の残高に対して発生するので、返済回数が進むにつれて毎月の返済額が減っていく仕組みになります。

元利均等方式(がんりきんとうほうしき)

毎月の返済額(元金返済分+利息充当分)を一定額に設定し、内訳(借り入れ元金部分に対する支払額とその利息分)のみを変化させる返済方式。
返済当初は利息充当分の割合が高く、返済が進むにつれ元金返済分の割合が大きくなるのが特徴で、住宅ローンなどの高額のローン返済に用いられることが多いです。

リボルディング方式

通称「リボ払い」といいます。
月々の返済金額を一定に設定したうえで、利用金額に応じて借金返済回数が決まります。
リボルディング方式は、支払額の算出方法によって下記のように更に細かく分類されます。

元利定額リボルディング方式

「毎月1万円」など、あらかじめ決まった定額(元金+利息)を支払う方式。

元金定額リボルディング方式

毎月、あらかじめ決まった定額と別に支払利息額を支払う方式。

元金定率リボルディング方式

毎月定額と別に、利用残高・日数に応じた利息を支払う方式。

残高スライドリボルディング方式

限度額が高額なカードの場合に、元金の残高が減らないことがないよう、毎月の返済額・最低支払額が借り入れ残高に応じてスライド(変化する)返済方式。
スライドされる部分によって下記のように更に細分化されます。

残高スライド元利定率リボルディング方式

借り入れ残高によって定率がスライドする(変化する)方式。

残高スライド元金定額リボルディング方式

借り入れ残高によって利息を含まない定額がスライドする(変化する)方式。

残金スライド元利定額リボルディング方式

消費者金融では最も多く採用されている返済方式です。
借り入れ残高によって、返済額(定額+利息額)がスライドする(変化する)方式。
単純に「残高スライドリボルビング方式」と記載されていることが多いです。
■当サイトでは銀行系キャッシング・ローンをはじめ女性・学生・事業者・自営業者・主婦の方も申込み可能な安心キャッシング・安心ローンを比較出来るキャッシング・ローンの総合比較サイトです。分かりにくい専門用語については用語集を辞書感覚でご使用ください。

キャッシング会社を選ぶときに金利のチェックは必須です。

ただ、計算方法を知らない方が意外と多いようです。

少々、難しく感じるかも知れませんが、できるだけ簡単にご説明したいと思います。

年利20%の場合、単純に考えれば1年間借りて途中返済しない場合の利息は元金の20%です。

30万円借りた場合: 30万円×20% = 6万円(1年間の利息)となります。

通常1年間返済しないということはありませんので、日割り利息を計算することになります。

利息の計算方法といってもたくさんの方法がありますが、ここでは一般的な方法を紹介します。
(各返済方法の名前そのものが普段聞きなれないものなので、詳しくは用語集のページをご覧ください)

実質年利20%で30万円を借りて、一ヵ月後から毎月3万円を定額で返済するケースを想定してみましょう。 (毎月定額返済ということなので、利息は3万円に含まれるケースです)

①30万円借りた場合の1ヵ月後の利息
30万円×20% ÷365(日)×30(日)=4,932円(30日分の利息です)

②元金返済分
3万円(返済額)-4,932円(上記の30日分の利息)=25,078円(元金返済)

つまり、最初の月の支払い3万円のうち、25,078円が元金返済で、残りが利息返済ということになります。

次の返済のときは残額を基準に同様の計算をします。

借入残高:30万円-25,078円=274,922円

①274,922円の1ヵ月の利息
274,922×20%÷365(日)×30(日)=4,519円(30日分の利息です)

②元金返済分
3万円(返済額)-4,519(30日分の利息)=25,481円(元金返済)
ということで、3万円の支払いのうち、25,481円が元金返済で、残りが利息返済となります。

このように、返済が進むにつれて返済総額に占める元金部分の割合が増えていきます。

この方式を元利均等返済といいます。

これ以外にも、毎月きまった元金プラス利息分を返済する元金均等返済の方法も一般的です。

例えば、毎月元金1万円と日割りの利息の合計額を毎月支払うというようなケースです。
この場合は支払額は毎月変わります。

中には、利息分だけ返済をすれば元金はいくら返済しても自由というような方法もあります。

利息の計算方法はとても重要ですので、各会社にキャッシングの申込みをする時によく確認してください。